手術をしないワキガ治療

ワキガ治療における根本的な治療法はアポクリン腺の除去手術なのですが、最近では多汗症の原因となっているエクリン腺、アポクリン腺を全て取り除くことは不可能であることがわかってきていて、ワキガ治療の最新の方法として、ボトックス注入という方法が開発されました。これは新しいワキガ治療の方法で、交感神経の作用を局所的に弱めることができるボトックスという薬を皮膚の下に注射することで4ヶ月から5ヶ月程度の間、汗の分泌を減少させることができる方法です。春に注射をしておくと夏が終わるまでは十分効き目があるので、腋の臭いを気にする必要がありません。
もう一つの方法として注目されているのはダイオードレーザーというもので、首のそばの交感神経の中継点になっている神経節にレーザーを3分程度照射をすると交感神経の緊張状態がなおって、自律神経を正常な状態に治すことができるので、発汗を抑えることができます。

わきが治療について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

この治療法は2週間に1回程度行う必要があり、1回のレーザー照射時間は10分から20分となっています。
また不潔になると臭いがきつくなるので、菌が繁殖しないように腋毛を剃るなどして、デオドラント製剤などを使って細菌の繁殖を抑えることが重要です。

この他には抗生物質が含まれたクリームで最近を殺菌したり、電気凝固法で永久脱毛することもワキガを治すためには効果的な方法です。



しかし根本的な方法は手術によるアポクリン腺の除去となっています。